がん緩和・こころのケア部門

がん緩和・こころのケア部門の紹介

がん緩和・こころのケア部門の紹介

★がん緩和・こころのケア部門長
沼田 周助

【役職】徳島大学大学院医歯薬学研究部精神医学分野教授

【経歴】2000年 徳島大学医学部医学科卒
    2008年 米国国立精神衛生研究所留学
    2011年 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部助教(精神医学分野)
    2013年 徳島大学病院講師(精神科神経科講座)
    2017年 徳島大学大学院医歯薬学研究部准教授(精神医学分野)
    2021年 徳島大学大学院医歯薬学研究部教授(精神医学分野)

【専門分野】統合失調症、気分障害、認知症



★がん緩和・こころのケア副部門長

川人 伸次
【役職】歯科麻酔科学分野教授

奥村 和正
【役職】食道・乳腺甲状腺外科特任助教

青井 駿
【役職】精神科神経科特任助教

尾形 美子
【役職】看護師長 緩和ケアセンタージェネラルマネージャー

    緩和ケアセンターのご案内

    当院は都道府県がん診療連携拠点病院として、専門的ながん医療を提供しています。これらの患者さんへ治癒を目指した治療と並行して、治療開始時から緩和医療・緩和ケアの適切な提供と円滑な地域連携を目的に、1997年に緩和ケア室を開設し、現在は緩和ケアセンター(場所:西外来棟1階)として活動しています。
     全てのがん患者さんや、その家族に対して、診断時から迅速、かつ適切な緩和ケアを切れ目なく提供するため、「緩和ケアチーム」「緩和ケア外来」「がん看護専門外来」等で活動しながら、各部署、外来、患者支援センター等と連携しています。
     「緩和ケアチーム」は医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー(MSW)、心理士などのスタッフで構成されています。患者さんの身体症状あるいは精神症状の苦痛緩和が必要な場合、依頼に応じて緩和ケアチームが支援させていただきます。
     緩和医療に関する研修会、地域連携カンファレンス等を開催して、院内外の緩和ケアの質の向上にも努力しています。

      緩和ケアチーム

      緩和ケアチーム

      相談について

      相談について

      【 緩和ケアチーム 】
       緩和ケアチームでは、身体的な苦痛や気持ちの辛さを少しでも和らげ、”その人らしく”過ごしていくことを目標に活動しています。がん患者さんやその家族の多くは、診断から治療、その後もがんと共に生活していくことになります。その中で、少しでも”その人らしく”過ごせるよう、様々な苦痛を緩和し、本来持っている力を最大限に発揮できるように、患者さんと一緒に考え支援しています。まずは担当医・看護師にご相談ください。

      【 緩和ケア外来 】
      毎週木曜日 13時~15時
      完全予約制
      当院外来通院中の方の疼痛コントロールなどを行っております。

      【 がん看護専門外来 】
      場所:各診療科外来、緩和ケアセンターなど
      外来日時:月~金 事前の予約が必要
      対象:看護相談希望の患者さんや各科外来でがんと診断された患者さんやご家族の、療養上の心配ごとや不安の相談を希望される方。

      【 心理的な相談 】
       がんやHIV患者様の入院中の治療や生活に関する悩み,心配事,その他の心の悩みや相談について臨床心理士などが対応いたします。

      【 緩和ケア相談 】
       がんによる痛みや治療に関すること、療養中のご心配などの相談に応じております。相談内容により医師,看護師,臨床心理士,MSWなどが対応いたします。ご相談の場合は緩和ケアセンターにご連絡ください。ご相談内容は厳守いたします。相談は無料です。


      ☆★☆緩和ケアセンターの相談時間および連絡先☆★☆
      ・相談時間:毎週月・火・水・金曜日(祝祭日を除く)
            8時30分~17時
      ・連絡先:TEL・FAX:088-633-7457

        がん心理相談について

        がん心理相談とは・・・
        詳しく掲載しています。
        ご覧ください。

        がんサロン

        がんサロン

        【 がんサロン 】
        休会中

        当院では、2010年3月より、がん患者さんやご家族の交流の場として
        「がんサロン」を開設していましたが、多数のご参加があり
        2013年9月よりがん患者さんのみ対象に開催しております。

        毎回、10名程度の参加者がお茶を飲みながら和やかな雰囲気で、
        がんの療養体験や体験を通して感じた気持ちについて語り合っています.
        参加者のがん種やステージは様々ですが、参加者からは、「サロンに
        参加するまでは1人で悶々と悩んでいたけれど、サロンに参加して、
        同じような悩みを持っている人と話ができて気持ちが楽になった」
        「同じがんを患っているからこそ分かり合えることがある」といった
        話が聞かれます.サロンには、臨床心理士や、ボランティアスタッフが参加しています.
        また、がんに関する書籍も揃えており、貸し出しもしています.
        がんの療養生活は、不安や辛さをともなうこともありますが、
        サロンに参加して、「ほっと」する一時を過ごしていただければと思っています.
        皆さんのお越しを心よりお待ちしております。

          疼痛に対する神経ブロック等について

          疼痛に対する神経ブロック等については
          詳しくは下記よりご覧ください。
          https://www.tokushima-hosp.jp/department/circulatory_center.html?view=1&rank_code=center&belong_code=c66

          がん患者教室

          がん患者教室

          【がん患者教室について】

          がん緩和・こころのケア部門では、不定期の開催ですが、
          当院に入院・通院中の患者の方を対象に医師・栄養士・看護師
          ・医療ソーシャルワーカー・臨床心理士らスタッフと語り合う場を設けています。
          がん患者様・患者家族様の方を対象に
          年に数回、テーマを決めて「肺がん患者教室」「婦人科がん患者教室」
          「乳がん患者教室」「前立腺がん患者教室」「化学療法がん患者教室」など
          開催しております。
          当日は、医師・看護師・栄養士・心理士・医療ソーシャルワーカーなどからの
          お話、また参加者からのご質問などにお答えしております。
          日頃、診察や入院中に聞けなかったこと、病気のこと、栄養のこと、医療費のこと、
          心の悩みなど、多職種が対応しております。
          ぜひ、開催時にはご参加下さい。

          ★開催日時 随時がん診療連携センターホームページにて掲載いたします。


          がん患者教室の様子

          がん患者教室の様子

          医師と心理士のミーティング

          医師と心理士のミーティング

          【ミーティングについて】

          医師と心理士によるミーティングを定期的に行っています。 皆様からの心理相談について医師に報告し、緩和・こころのケアに対し安心してご利用 いただけるよう日々努力しています。

            緩和ケアの緊急時の対応について

            徳島大学病院には固定した緩和ケア病棟はありませんが
            緩和ケアの緊急入院時に対応する体制を取っています。
            緊急で受診される場合は、現在かかっておられる診療科にご連絡下さい。
            時間外に受診される場合は、現在かかっておられる診療科をお伝え下さい。
            各診療科にがん緩和治療責任医師を設け、対応致します。