HOME > がんの標準治療 > 皮膚科

皮膚科

皮膚悪性黒色種

悪性黒色腫

 悪性黒色腫は腫瘍の大きさや転移の有無などから病期分類を行い、病期に応じた治療を行います。他の癌と同様に早期発見・治療が最も大切です。早期発見時における治療は手術による外科療法です。必要に応じ、抗がん剤による化学療法も併用することになります。

1)外科療法

標準的な治療は、早期に病変部を発見し、早期に手術による外科療法を行うことです。
検査のために病変の一部を採取する部分生検は、転移を誘発する可能性があると考えられており、悪性黒色腫が疑われれば、病変部の辺縁から少し離して病変部を全切除し組織検査を行います。切除した組織の病理組織検査で悪性黒色腫と診断された場合は、どの程度の深さまで腫瘍が浸潤しているかを計測します。また、PET/CT などの画像検査でリンパ節や他の臓器への転移がないかどうかを調べます。切除範囲は病期にもよりますが病変の境界から数cm離して切除します。
リンパ節転移の有無は予後を決める重要な因子になります。以前は予防的なリンパ節郭清術を行うことも多かったのですが、最近は腫瘍の厚さが1.0mm以上であれば、まずセンチネルリンパ節生検を行い、リンパ節郭清の必要性を検討します。センチネルリンパ節とは腫瘍がリンパ流に入った後、一番最初にたどり着くリンパ節のことで、ここに黒色腫細胞の転移が見つかればリンパ節郭清を行います。

2)化学療法

化学療法は、抗がん剤による治療です。悪性黒色腫では、静脈内注射薬を数種類組み合わせて行います。外科療法の後、検査でとらえられない微小な腫瘍細胞を殺して再発・転移を予防する目的や、内臓やリンパ節の転移巣を消滅させる目的などで行います。通常、連日5日間の抗がん剤点滴治療を1コースとし、数週間の休薬の後、病状に応じて数コースを繰り返し行います。抗がん剤は正常細胞にも影響を与えるため、吐き気、嘔吐、倦怠感、貧血、白血球減少、肝機能障害などいろいろな副作用を生じることがあります。

3)インターフェロン 

インターフェロンは、体の中で作られる生理活性物質の一つで、がんの増殖を抑制する作用があります。化学療法と併用し外科療法の後の補助療法として、また、皮膚への転移病変などに使用します。 副作用として、発熱、食欲不振、白血球減少、肝機能障害などが生じることがあります。

4)その他

体の免疫力によって悪性黒色腫が自然に消退することがあることから、体の免疫力を増強することによって腫瘍を殺そうとする免疫療法があります。現在、 いろいろな施設で臨床試験が行われていますが、まだ有効な治療法として確立されておりません。

菌状息肉症

菌状息肉症について

菌状息肉症の発疹のかたちは、紅斑期から扁平浸潤期、腫瘤期へと慢性に経過し、病状の進行に応じた治療方法があります。

<紅斑期・扁平浸潤期>

1)ステロイド軟膏などの外用療法

初期の浸潤を伴わない紅斑期では、通常の湿疹などに使われるステロイド軟膏が効果的です。塗る部位や範囲に合わせて適度な強さのステロイド軟膏を使用することによって、あまり副作用なく病変を消退することができます。

2)光線療法

紅斑期でも発疹が広範囲にある場合や扁平浸潤期には、光線療法が効果的です。ソラレンという薬剤を塗布、または内服して紫外線を照射するPUVA療法や特定の波長の中波長紫外線を照射するナローバンドUVB療法などがあります。これらの光線療法がこの時期の一般的な治療法です。反応は大半良好であり、寛解もしくはこの時期を維持することができます。副作用として、ヒリヒリ感などの刺激症状や紅斑が生じることがあります。

<腫瘤期>

腫瘤期でも皮膚外病変がない場合には、紅斑期・扁平浸潤期に準じた治療を行います。治療がなかなか効かない腫瘤には電子線の照射も試みられます。またうまく治療できない皮膚病変やリンパ節・内臓病変を生じた場合には抗がん剤による化学療法も試みられます。

リンク

国立がんセンターHP
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/skin.html

× 閉じる

ページTOP