HOME > がん生殖 相談・連携 について

がん生殖 相談・連携 について

近年、若くしてがんを発症する患者さんが増えています。がん治療の原則は、何よりも病気を乗り切ることが最優先であり、がん治療による副作用・後遺症を許容せざるを得ない現状があります。

しかし、がん治療として行われる手術や放射線治療、抗がん剤治療により、将来子供を持つことが困難となる事(妊よう性の廃絶)もありえます。若年がん患者さんは、がん治療を行うにあたり、「がん」による恐怖のみならず、「妊よう性の廃絶」に関する将来の不安も抱えることになります。現在、このような不安に対して、徳島大学病院では、がん生殖相談連携体制を整えました。お気軽にご相談ください。

現在徳島大学産科婦人科では、

  • 配偶子(卵子、精子)凍結
  • 胚(受精卵)凍結
  • 子宮癌(頚癌、体癌)に対する子宮温存治療
  • 骨盤放射線照射に対する卵巣位置移動手術 などを行っています。

最も適した妊よう性温存の方法を選択するにあたり、がんの種類、がんの進行の程度、選択される治療方法、治療の開始時期、現在の年齢、配偶者の有無などの要素が重要になってきます。このため、ご紹介頂く際には、下記の情報提供書および、問診票をご利用ください。



お申込み方法 ―がん生殖相談の流れ―

【現在受診されている医療機関において】

  • 相談を希望される方は、事前に現在受診している医療機関の主治医・地域連携担当者に、がん生殖相談を申し込みたい旨申し出てください。(相談者)⇒(受診医療機関)
  • 医療機関の地域連携担当の方から、当院の診療科(がん治療の担当科でも、産婦人科でもかまいません)に連絡し、予約してください。(受診医療機関)⇒(徳島大学病院)

実際の予約は通常のFAX予約と同じですが、「がん治療科・生殖科 連携紹介状(このHPからダウンロード可能です)」を通常の診療情報提供書に添付していただけますと、事前の準備がスムーズです。

がん生殖相談を受けるに当たっての留意事項

相談には、現在受診されている主治医からの紹介状(診療情報提供書)が必要になります。がん生殖医療に関する情報提供(カウンセリングと可能な選択肢の提案)のみの相談にも対応いたします。
相談者は、原則患者さんご本人に限りますが、ご家族の方がご一緒でも構いません。

関連資料・リンク

× 閉じる

ページTOP