HOME > センターのご紹介 > センター長のご挨拶

センター長ご挨拶

がん診療連携センター センター長 西村 正人 ご挨拶

がん診療連携センター センター長 西村 正人 ご挨拶

徳島大学病院がん診療センターは、がんの診断・治療の実践、がん相談への対応、がん情報の発信を全面的にサポートするセンターとして、平成18年6月1日に開設されました。その後、平成19年4月からの「がん対策基本法」の施行、平成19年6月からの「がん対策推進基本計画」の策定により、がん対策の総合的かつ計画的推進計画が国から示され、がん治療の長期的な取り組みが全国的に求められるようになりました。徳島大学病院は平成22年4月1日から都道府県がん診療連携拠点病院の指定を受け、県内3カ所の地域がん診療連携拠点病院および地域がん診療病院や他の様々な医療機関と連携して、県内のがん診療やがんに関する様々な取り組みにおいて中心的な役割を果たしています。
平成30年には、第3期がん対策推進基本計画が策定され、①科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実、②患者本位のがん医療の実現、③尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築を全体目標とし、さらに、がんゲノム医療、希少がんや難治性がん対策、小児がん、AYA世代のがん、高齢者のがん医療の充実、がんと診断された時からの緩和ケア、がん患者等の就労を含めた社会的な問題など、がんとの共生を進めていくことなどが重点的に取り組む課題とされています。現在第3期の途中ではありますが、がんゲノム医療に関しては徳島県では当院だけががんゲノム医療連携病院となっており、ゲノム医療を行う患者さんの窓口としての役割を果たしています。希少がんである肉腫などの治療では多診療科にまたがるチームを作り、院内外の先生との情報共有を積極的に進めております。
徳島大学病院がん診療連携センターは、これらの新しい課題にも積極的に取り組んでまいります。もちろん、がんにかかられた患者さんの不安を和らげ、あんしんして治療を受けることができるよう、患者さん一人一人をきめ細やかにサポートすることが最も重要な目的です。センターには6つの部門があり、医師、看護師、薬剤師、技師、心理士、事務職員といった多職種から成るチームが高い志の下に連携し、患者さんが最先端の診断・治療を受けられるようにするだけでなく、治療に関する様々な情報をわかりやすく提供することや、患者さんが元々の生活を大切にしながら治療を受けられるような環境づくりにも力を入れています。また徳島県のがん治療のレベルアップを図るために、センターが中心となってがんに携わる様々な領域の人材育成も行なっています。
がんは、国民の2人に1人がかかる非常に身近な病気となりました。私たちは、患者さんやご家族の視点に立ち、皆様があんしんして治療を受けられるよう日々取り組んでいます。治療や生活のことで悩んだ時は、遠慮なく私たちにご相談ください。

西村 正人(にしむら まさと)

【センター長 略歴】
平成6年3月    徳島大学医学部医学科 卒業
平成6年4月    徳島大学病院 産科婦人科 医員
平成12年10月   国立高知病院 産婦人科 医師
平成15年4月   徳島大学病院 産科婦人科 医員
平成16年4月   徳島大学大学院 産科婦人科 助教
平成21年4月    米国テキサス大 M.D.Anderson Cancer Center 留学
平成23年4月   徳島大学大学院 産科婦人科 助教
平成24年4月   徳島大学病院 周産母子センター 講師
令和元年10月   徳島大学大学院 産科婦人科 准教授

日本産科婦人科学会 専門医・指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医・指導医
日本がん治療学会 癌治療認定医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医

× 閉じる

ページTOP