HOME > がんの標準治療 > 腎細胞がん

腎細胞がん

腎細胞がん

1. はじめに

腎細胞癌は、加齢とともに増加する癌で、男性では70-75歳、女性では75-80歳が発生のピークで、男性のほうが全年齢にわたって女性よりも発生頻度が約2-3倍高くなっています。
年々増加することが予想されており、2005年では年間3833名の方が亡くなられていたのが、2020年には約6000名の方が亡くなられると予想されています。


早期の腎細胞癌では、特に症状はなく、最近では検診や人間ドックの超音波検査で偶然に見つかったり、他の病気で施行したCTやMRIで偶然に見つかる方が増えています。
また、尿鮮血の精査で発見されることもあります。腎細胞癌が進行してくると、血尿、痛み、腫瘤の触値を認め、これらの症状は腎細胞がんの3主徴といわれています。
腎細胞癌の危険因子として、肥満、高血圧、喫煙、肉や乳製品の過剰摂取が指摘されています。
予防としては、野菜や果物の摂取、特に、ビタミンCの摂取が効果的といわれています。

治療法としては、がんが局所に留まっている場合は外科的治療(開腹手術、腹腔鏡手術)が基本です。
転移を有する場合は、免疫療法(インターフェロン、インターロイキン2)、放射線療法、分子標的薬(ソラフェニブ、スニチニブ、エベロリムス、テムシロリムス)などがあります。
 

2. 治療

1. 外科的治療

転移のない限局性腎細胞がんが最も良い適応です。
また、腎の周囲や腎静脈に浸潤している場合も可能な限り手術が行われます。
手術には 1)開腹手術と2)腹腔鏡手術とがあり、当院では多くの場合、腹腔鏡手術を行っています。
腹腔鏡手術は高度な技術が必要ですが、切開創が小さく、術後の痛みが少ないという利点があります。
また最近では、4cm以下の小さい腫瘍に対しては、腫瘍のみを摘除し、腎臓を温存する腎部分切除術を積極的に行っています。
 

2. 免疫療法

一般的に肺など他の臓器に転移を有する場合に行われます。
原発巣の腎細胞がんを手術で摘出した後に、免疫療法を行ったほうが成績が良好なことから、多くの場合、腎摘除術も同時に行われます。
薬剤としては、インターフェロンα、インターロイキン2が使用されます。
有効率は10-20%程度で、特に肺への転移のみの場合に有効と言われています。
 

3. 放射線療法

一般的に骨などの転移巣に対して疼痛緩和目的で行われます。
 

4. 分子標的治療

近年、特に発展してきた新しい治療法です。
現在、ソラフェニブ(ネクサバール)、スニチニブ(スーテント)、エべロリムス(アフィニトール)、テムシロリムス(トーリセル)の4種類が使用可能です。
当院では、従来からある免疫療法に抵抗性の場合や、肺以外の他臓器に転移を有する場合は、これらの分子標的薬を積極的に使用しています。
多くの腎細胞がんは血管が豊富で、血管の内皮を増殖させる成長因子の受容体ががんの増殖に重要であることがわかってきました。
分子標的薬は、これらの分子ターゲットを選択的に阻害することで、がん細胞が増殖するのを抑える薬です。
今後、さらに新しい分子標的薬が使用可能になると思われます。
 

3. 治療法の紹介およびリンク先

徳島大学泌尿器科:
http://www.tokushima-hosp.jp/info/circulatory.html?rank_code=unit&belong_code=10

米国泌尿器科学会:http://www.auanet.org/content/homepage/homepage.cfm

ヨーロッパ泌尿器科学会:http://www.uroweb.org

がん情報ネットワーク(NCCN):http://www.nccn.org/default.asp

× 閉じる

ページTOP