HOME > がんの標準治療 > 膀胱がん

膀胱がん

膀胱がん

1. はじめに

膀胱癌は、膀胱の尿路上皮(移行上皮)粘膜から発生する悪性腫瘍であり、病理組織学的に、その約90%以上が尿路上皮癌です。
我が国における膀胱癌の発生頻度は、年間10万人あたり6から10人程度で、2002年の10万人あたりの年間の罹患率は、全体で7.6人で、男女別に見ると男性13.5人、女性が2.9年と男性は女性の約4倍の頻度で罹患することが知られています。
特に高齢者に多く75歳代から79歳では、年間10万人あたり男性が52.4人、女性が22.5人発症しています。


膀胱癌の危険因子として、喫煙、職業性発ガン物質への暴露(化学染料中に存在する芳香族アミン類など)、膀胱の慢性炎症、特定の抗がん剤や放射線治療に伴う二次発がん等が挙げられています。
 

2. 診断

膀胱癌の症状は血尿が最も多く(約85%)、その他、頻尿、排尿痛などの膀胱刺激症状を認めることもあります。
特に血尿以外に症状のない無症候性肉眼的血尿検診で尿潜血を指摘された場合は精査が必要です。


主な検査として、超音波検査、排泄性尿路造影、尿細胞診(尿中のガン細胞を調べます)、膀胱鏡などがあり、高齢の方の血尿、超音波検査や尿細胞診で膀胱癌が疑われる場合は膀胱鏡は必須の検査です。
最近は、軟性膀胱鏡という径の細く先が曲がる内視鏡が使用可能で、苦痛も少なく楽に検査を受けることができます。
当院でも軟性膀胱鏡を使用しています。
 

3. 治療

膀胱癌の治療は筋層まで癌が到達していない筋層非浸潤性膀胱癌(表在性膀胱癌)と筋層浸潤性膀胱癌で、治療方針が異なってきます。
一般的な治療法として、

1)外科治療(内視鏡手術、開腹手術)
2)放射線療法(外照射治療)
3)膀胱内注入療法
4)全身化学療法

などがありますが、膀胱癌の進行度(病期)や個々の希望や状況に応じて治療法の選択が異なります。
当院では、最新技術を含めた多くの治療方法が選択可能です。


膀胱癌の治療法を、日本泌尿器科学会から出された膀胱癌診療ガイドライン(医学図書出版)に基づいて紹介します。
 

1)筋層非浸潤性膀胱癌(表在性膀胱癌)

未治療膀胱癌の約70%を占め、基本的には経尿道的(内視鏡で)に切除可能で、ほとんどの症例で経尿道的切除術(TUR-BT)が施行されます。
再発の確率は高く、その確率は50%以上であり、約10%が浸潤癌になることが知られています。
膀胱癌が、多発性、組織 学的に腫瘍のGradeの高い場合、上皮内癌(CIS)を伴う、頻回に再発する場合は、術後に抗ガン剤やBCGの膀胱内注入治療を行う場合があります。
 

2)筋層浸潤性膀胱癌(浸潤性膀胱癌)

手術療法(膀胱全摘手術や部分切除術)や、膀胱の温存を目的とした抗ガン剤動注療法+放射線療法が行われます。
膀胱全摘手術を施行した場合は、膀胱の代わりの尿路変更が必要になります。
当院では、尿管皮膚ろうや回腸導管などの非蓄尿型の尿路変更だけでなく、従来と同 様に尿道から排尿が可能な代用膀胱造設も施行しています。
 

3)転移を有する症例

転移を有する症例では全身化学療法が中心となります。
その他、放射線療法やその他の補助療法を行っています。

・全身化学療法:メトトレキセート(M)、ビンブラスチン(V)、アドリアマイシン(A)、シスプラチン(C)によるM-VAC療法が中心で、奏功率は50-70%です。
最近では、副作用の少ないシスプラチン(C)とジェムシタビン(G)によるCG療法も行われます。

・放射線療法:骨やその他の転移巣の痛みの軽減のために行っています。

・骨転移に伴う疼痛には、骨破壊を防ぐ作用のあるビスフォスフォネート治療も行っています。
 

4. 参考文献

膀胱癌診療ガイドライン 日本泌尿器科学会/編 医学図書出版、2009年
 

5. 治療法の紹介およびリンク先

徳島大学泌尿器科:
http://www.tokushima-hosp.jp/info/circulatory.html?rank_code=unit&belong_code=10

米国泌尿器科学会:http://www.auanet.org/content/homepage/homepage.cfm

ヨーロッパ泌尿器科学会:http://www.uroweb.org

がん情報ネットワーク(NCCN):http://www.nccn.org/default.asp
 

× 閉じる

ページTOP