HOME > セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは

「第2の意見」というべきもので、診断や治療について 担当医師以外の医師の意見を聞くことをいいます。
がんの診断・治療は、生命にかかわる重大な判断が必要ですし、 担当医師がどれほどの技量と知識を持っているのか、一般的には分からないので、専門医に相談したいと思うのは 当然のことです。
日本では担当医に失礼になるのではと思われがちですが、これは当然の権利で、セカンドオピニオンを求められて不機嫌 になるような医師にかかるのはやめた方がよいでしょう。
また、実際の診療では治療法として、 誰が考えてもこれしかないという場合もありますが、専門医でも判断が難しい場合も多々あります。
このような場合に他の専門医の意見を聞くことは 大変役に立ちます。
本院では、その分野の専門家を "セカンドオピニオン担当医師"として配置しておりますので、おおいに活用して頂ければ幸いです。

セカンドオピニオン外来のお申込

がんチーム徳大

セカンドオピニオン外来の詳細はこちら。
http://www.tokushima-hosp.jp/advisement/circulatory_consult.html?rank_code=consult&belong_code=2

セカンドオピニオン一覧

× 閉じる

ページTOP